2017.3.31

明日のライブでは、僕はどうなるのだろう。良くなるのだろうか。結果が出るのだろうか。結果は出ないだろう、良くもならないだろう。多分少しだけ進むだろう。後退のように思えるかもしれない歩みを、少しだけ。

Ken Matsuda2017.3.31

2017.3.30

ライブの練習よりも新曲の歌詞を完成させないといけないと感じている。 ただすぐにはできないような気もしている。 頭の中でいくつかのことがお互いを邪魔し合いながら生存している。どれかを殺さないといけないのか。

Ken Matsuda2017.3.30

2017.3.29

次のライブに向けて練習をしている。次は前より内面にもっと深く潜り、これまでにないようなものを、そこにしかないもの、この町の、自分の世界の一面を見せられたらいいと思う。

Ken Matsuda2017.3.29

2017.3.28

歌詞を書こうとしてマックでコーヒーを飲みながら色々書いたが完成しなかった。中心に向けてその周りを回りながら少しずつ近づいていっているような感じだ。

Ken Matsuda2017.3.28

2017.3.27

周りを気にしながらまなべることと、自分を見つめて学べることは、根は同じものだ。どちらかだけよりは、交互に、或いは同時に行うと良い。何もいうか、1つ発見があると、それを大きく見ようとして、大袈裟にしてはまう。そういうことで …

Ken Matsuda2017.3.27

2017.3.26

一日仕事だった。昨日のことを考える。最近は歌詞を書くために自分と向き合うおかげで、色々と気付きが多い。歌詞に関しては、愛や、絶望の公式を見出そうとすると、そこに個性は失われてしまう、表面には表面なりの真実があり、そこから …

Ken Matsuda2017.3.26

2017.3.25

栄に行き、スターバックスで本を読み、帰りに金山で少しだけ弾き語りをしてきた。自分としては、歌が新しい領域に達したと思う。誰かの真似ではなく、演奏という観点からそこに辿り着けたことに嬉しさがある。中々受け付けなかったせいで …

Ken Matsuda2017.3.25

2017.3.24

今月は慌ただしさの消えない月だった。多分今度の企画が関係しているのだろう。何かしら新しい発見とともに臨みたいと思っていたから、それを見つけるまでは落ち着かなかった。 結局のところ。歌の力。演奏でも全てが歌で、それを歌わせ …

Ken Matsuda2017.3.24

2017.3.23

一向に曲が完成しない。良い曲を沢山聞いて、感動して、原動力にしている。だから気持ちは常に前向きで、ワクワクしている。ただ時間はあっという間に過ぎていく。楽しいだけで完成しないものもあるわけで、今はそういう状況なんだろうと …

Ken Matsuda2017.3.23

2017.3.22

マックで本を読む。歩いて駅のロータリーに行くだけで元気が出る。何か落ちていそうな気がする。良い時間帯を、それを眺められる場所で過ごすことは贅沢だ。ここはそんなに醜くない。美しさを感じる。

Ken Matsuda2017.3.22