2016.7.21

今日は朝からずっと寝ていて、喉の腫れは引いたが、熱はあるようだった。夜にバレエの公演を観に行く。帰ってから、熱で唸りながら寝た。

Ken Matsuda2016.7.21

2016.7.20

今日は夜にスタジオでボーカルとアコースティックギターの録音をした。時間が足りない。 体調が悪く、ぎりぎりまで寝ていた。

Ken Matsuda2016.7.20

2016.7.19

今日は昼過ぎからバンドメンバーとスタジオに入りベースを録音した。時間をかけて音を作ったので、殆どいじる必要がなさそうだ。漸く少し進んだ感じ。

Ken Matsuda2016.7.19

2016.7.18

昨夜は中々寝付けなかった。自分の感情の制御が心配になる。今日は祝日。髪を切りに行った。他には本を読むこと以外に特に何もしなかった。

Ken Matsuda2016.7.18

2016.7.17

1日仕事。今日は加藤楸邨の松尾芭蕉の全句。村野四郎を読んでいた。夜は些細なことで、イライラが収まらず。感情はどこにも逃げず、振り回され、その極端な振れ幅に不安になった。喫茶店が閉まっていたら。ファミレスでしか、持て余す感 …

Ken Matsuda2016.7.17

2016.7.16

体調が悪いので、休めることにして、殆ど寝ながら本を読んでいた。寝る前も、起きた時も、寝ている時も、その世界にいるかのように、ずっと頭を浸していた。北島。西脇順三郎。キーツ。

Ken Matsuda2016.7.16

2016.7.15

帰ってから本を読み。少し寝て、夜はガストでバンドのメンバーを話しをした。帰ってからmixをして、漸くやるべきことに手をつけたという感じがしている。そのおかげか頭がすっきりとしている。気分も晴れやかだ。来週にどれだけレコー …

Ken Matsuda2016.7.15

2016.7.14

帰ってからベッドで本を読みながら、眠気に耐えられなくなるまで起きていて、仕事の時間になり、仕事の仮眠時間でも僅かな睡眠時間だけでなんとかやっていく。もうそろそろ目覚める時だとは思いながら、文字の中に浸っている。

Ken Matsuda2016.7.14

2016.7.13

仕事ぎりぎりまで本を読んで、寝る時も、起きた時も、本を読み続けて、夢の中でも本の中にいた。寝不足で胃腸の調子が悪い。それでも寝るより本を読みたくて読んでしまっている。

Ken Matsuda2016.7.13

2016.7.12

昨日は両親が旅行から帰ってきて、ようやく落ち着けた。旅行の間中、帰って来ないのを想像して、もし周りに親しい人が誰もいなくなったらどんな気持ちなのだろうと想像していた。それで疲れてしまっていた。1日自分を甘やかしてずっと本 …

Ken Matsuda2016.7.12