2016.3.11

バンドメンバーとメールのやり取りをしている。全然会っていない。殆ど離れている。それは僕は引っ張ったりはしない。それでも一緒に居られるのなら、それは一緒に居たいからだ。主体性を望む。望み過ぎは禁物。でもそうする。

Ken Matsuda2016.3.11

2016.3.10

仕事から上がって、そのままDVDを返しに行く。途中漫画喫茶でモーニングを食べ漫画を読む。カイジを読んでみた。それから帰って少しだけ横になり、洗い物をしてまた仕事へ行く。

Ken Matsuda2016.3.10

2016.3.9

時間が過ぎる。夕方から仕事に行く。映画を観て、朝になる。中々良かった。記号とかした登場人物達、その感情。数学的な物語。は落ち着く。

Ken Matsuda2016.3.9

2016.3.8

休みだった。ちゃんとした晩御飯を食べた。母親と喧嘩していたが、そのことが気になっている。借りてきたDVDを観ない。いつでも観れるけれど、明後日には返さなくてはいけない。いつでも映画を観て、現実を忘れることができる。その後 …

Ken Matsuda2016.3.8

2016.3.7

仕事から帰ってきて、昨夜殆ど寝ていなかったので寝て起きたら夜になっていた。ご飯を食べて、パソコンに向かい、昔書いた詩を読んだり、音楽を聴いたりしていた。曲に歌詞をつけようと思いながらも色々やっていたら、朝になっていた。

Ken Matsuda2016.3.7

2016.3.6

朝から一日仕事。借りてきていたDVDを見ようと思っていたが、殆ど見る間もなく一日は終わってしまった。

Ken Matsuda2016.3.6

2016.3.5

久しぶりのライブ。トムと二人で、最初の出番だった。終わってからご飯を食べたら眠たくなった。今朝、友達からオススメのバンドを教えて貰い、それを聴いていたら、彼らには彼らの声を持っているなと思った。その声が、僕にはなかったも …

Ken Matsuda2016.3.5

2016.3.4

休み。仕事から帰ってから、昼過ぎに眠る。夜起きて、ご飯を食べ、眠る。 本を読んだぐらいで他は特に何もやっていない。

Ken Matsuda2016.3.4

2016.3.3

仕事から帰って、少し寝てまた仕事へ。少しずつ意識が現状に抵抗している。先月のことを思い返し、こんなことができていたなと思う。得たものより、得られなかったものの方に目が・・・。 先月の半ば、旅行に行く前に起こった出来事に、 …

Ken Matsuda2016.3.3

2016.3.2

昼過ぎまで寝て、洗濯をしてご飯を食べてから仕事に行く。起きた時に、ベッドの中で携帯を触っていた。ふとツイッターを開けてみると、悲しくなってきた。これまで張り詰めていたものに穴が空いて、そこから空気が抜けていくように、自分 …

Ken Matsuda2016.3.2