2016.1.31

朝から仕事に行く。一日、仕事をしたり、本を読んだりして過ごす。昨日の疲れからか身体が怠い。胃がおかしい。寝ても寝苦しい。夜中辺りには少し回復していた。一段落して、次はまたバンドのレコーディングとmix、作曲を中心に生活を …

Ken Matsuda2016.1.31

2016.1.30

土曜日、ライブの日。夜明け前に起きて、詩を書く。ライブでやるのとは違うもう一編の詩ができる。 更に詩を遂行する。本当のことしか言わないように。ひねって捻って、回転して、ガードを掻い潜りボディーを狙う。他所を向いていても、 …

Ken Matsuda2016.1.30

2016.1.29

遂にライブ前日で、まだ完成していない。詩はここ最近大量に書けているが、まだまとまっていない。夕方に頑張って起きて、豊田にパスポートを取りに行く。雨がざあざあ降っている。それでも素敵な、ぼんやりとヘッドライトの光の行き交う …

Ken Matsuda2016.1.29

2016.1.28

また朝まで作業をして、それでまだ形になっていない。土曜日のライブで披露する予定のトラックと詩。トラックの方が少し定まってきたところ。詩は書き散らしているものの、まとまりに欠ける。それは小節を意識して書いてはいないので、音 …

Ken Matsuda2016.1.28

2016.1.27

仕事から帰って、眠り、起きてからパスポートを取りに豊田まで行こうと思っていたのが、起きたらもう夜だったので諦め、一日ずっと家にいた。また夜中の作業を始める。

Ken Matsuda2016.1.27

2016.1.26

夕方まで寝てから仕事。シンセサイザーのやり方を学ぶ。まだまだ程遠い。未知の世界。

Ken Matsuda2016.1.26

2016.1.25

仕事から上がって、雪が降っていたのでコメダに退避。昼前まで色々書く。帰ってからすぐに寝てしまった。夜は旅行の予約のために調べ物で過ごす。朝までかかった。

Ken Matsuda2016.1.25

2016.1.24

長いような短いような時間。眠ることに必死。起きることに必死。ただ必死になりたいだけのポーズ。想像に身を任せられていないことへのわだかまり。King Kruleの別名義で新譜が出ていた。家族のことを映したドキュメンタリーム …

Ken Matsuda2016.1.24

2016.1.23

今日明日と48時間仕事。職場で歌詞を考える。スタジオで留吉くんと最終チェックをする。ビートに詩を載せる。拙いが、これから磨きをかければいい。

Ken Matsuda2016.1.23

2016.1.22

休み。歌詞を書こうと思って、机に噛り付いていた。それから散歩に出かけ、赤池のゲームセンターを見て回った。心地よいノイズ。心地よい、あるいは甘ったるい肌を撫でるような空間に、行き場のない人たちが溜まっている。生き生きと、或 …

Ken Matsuda2016.1.22