断り書き

間違いを書き付ける為のもの。正解は間違いの途中。正解のままだとしたらそれは停滞。流れない水は腐る。匂いで判断する。

細かいところ、に気を向ける。捨てられていたものは一度それを拾い上げる。肩に自信のある人間はそれだけでそれを投げる。

交友範囲の狭い人とだけ付き合う。費用対効果。いつでも繋がれるという空腹感。寂しさは退化した食欲。機械に追い越された感情。

自分の色を確かめる。自分の灯りを燈し続けろ。人と同じことを恐れるな。

恐怖も一種の願望でもある。惨めさというナルシズム、はもう十分見てきたよな。

嘘というゲーム。ルールはあっても説明はされない。

Ken Matsuda断り書き