いつの間にか暮れていくような

Ken Matsudaいつの間にか暮れていくような