期待することと信じること

期待することと信じることの違いはなんだろう。「あなたを信じている」という言葉は「あなたに期待している」という言葉に変換可能だろうか。 「信じる」という行為には、「疑う」という反対の行為がある。「期待する」という行為には、 …

Ken Matsuda期待することと信じること

観念の中の殺人

人が人を殺せるのは観念の中だけで、観念の中で生活しているのなら何でもできる。ということは理解できる。それは何でもできて、実際にはその人にとっては何にも起こっていないということになる。彼は現実を見ていない。だから手が動き、 …

Ken Matsuda観念の中の殺人

旅と表現

電車が名古屋を離れるにつれて、心に安堵が広がっていく。身体全身が緩んでくる。陽射しの暑さから、冷房の効いた車内でもシートに触れている部分は暑いままだ。 旅は逃避。日常のしがらみ、約束事、人に善人振りたい気持ち、純粋に使い …

Ken Matsuda旅と表現

人というのが

人というのが解明されてきているのか。今わかっている全てがわかれば人がわかるのか。人生がわかるのか。苦しまなくていいのか。あらゆる本、表現の目指す先は「幸せ」だ。何年も何十年も、もっと長い間この為に努力がなされ、犠牲が捧げ …

Ken Matsuda人というのが

可能性に殺される

Facebookを見てみると、相変わらず根拠のない、あるいは薄い事柄の断定口調が沢山あって、読んでいて突っ込みどころが多過ぎる。事実ではなく、暗示だ。暗示ばかり、広告ばかり。自分を見て欲しいという気持ちを正義感で隠して、 …

Ken Matsuda可能性に殺される

どこに行きたい

今では車があるから、どこにでも行ける、でもどこにも行きたくない。 自転車を引っ張り出して、埃を払い、油をさした。どこまでも行ける気がした。

Ken Matsudaどこに行きたい

30になって

1985年4月24日に生まれ、それは母親の誕生日と一緒で、やがて祖母の命日ともなった、その30年後、2015年4月24日に僕は30歳になった。 これまでの心境、若さを背負い、それを自分のものとする為に、伝説となる為の英雄 …

Ken Matsuda30になって

良識達の言葉

ちょっと暗い感情の吐露ばかりになっている気がした。それは何故かなと考えていて、SNSを見ているときに、なるほどと思える、この人は自分の言葉で話していると思えるものに出会ったときは励みになるけれど、殆どの場合、見ていて疑問 …

Ken Matsuda良識達の言葉

人と話していて思うこと

誰かと話していて、信頼とか、信じるという言葉を聞く度に、何か危うい感じを覚える。 その人が何かを信頼、崇拝していて、まるで自分もその人であるかの様に振る舞っている。パンクやロックンロールの人が、それが「自分」にとってどう …

Ken Matsuda人と話していて思うこと

音楽には

音楽には実質がある。 食べることも飲むこともできる。 たっぷりとして栄養豊富なので、その水を飲む者はけっして喉が渇くことはなく、その肉を食べる者はけっして飢えることはない。 ・・・ その肉体に抱きしめられ、慰められ、寂し …

Ken Matsuda音楽には