2017.3.24

今月は慌ただしさの消えない月だった。多分今度の企画が関係しているのだろう。何かしら新しい発見とともに臨みたいと思っていたから、それを見つけるまでは落ち着かなかった。

結局のところ。歌の力。演奏でも全てが歌で、それを歌わせることができればそれで十分だということを確認したことで満足した。力を抜いて、心だけになると、自然と歌になることができる。最近は歌に慣れてなかった。自信がなく、緊張していたから。

Ken Matsuda2017.3.24