2016.2.4

仕事中眠れなかったので、帰ってから寝ようと思っていたら、ご飯を作ってさあ寝ようとすると、ベランダの方から工事の音がガンガン聞こえてきて落ち着かなかった。最近読みやすい本ばかり読んでいて、それで頭がバカなままなのじゃないかと思って、読むのを止めた。詩を書くんだ。そうするとめちゃくちゃ眠たくなってきて、眠気との戦いが辛かった。何か色々書いたけど、それはよくわからない。大事なものなんて少ししかない。ということ。完璧な朝のためには、十分な睡眠と、十分な水分と、十分な後悔。それで少しはましになれる気がする。悪魔と手を握れば他の悪魔も付いてくる。仲良くやりたくても、向こうは仲良くやりたいなんて思っていない。そう見えたとしても。何かシェイクスピアでありそうだな。

今はmix作業を中断して、自分の作曲の方に集中している。そのためにデニーズに行ったり、連絡を返さなかったりしている。まだまだ徹底できていない。必要なことを選んでやるのは難しい。顔色ばかり伺う小心者。耳が良すぎるのか、目が良すぎるのか、心が小さいのか。俺は頭が良過ぎるのじゃないかとわりと本気で思っている。それか高慢なバカかどちらかだと。どうしても。どうしても。

Ken Matsuda2016.2.4