2016.10.22

今日は久しぶりのソロのライブがある。夜はひらやまさんとそのまま話す予定だし、頭を動かすことは、出番までに曲順を決めることと、話すことを考えることと、新曲をどうやるか考えることだ。ライブが終わったら、後は流れの中で想いを発していればいい。

特に練ることなく、吐き出すだけの機会というのも、随分と久しぶりで、特に怒っていないことをもっと怒ろうとしたり、言葉や論旨に引きずられて、感情がそれに合わせて高ぶったりしていた。全てが終われば自分の幼さが気になってくる。

人と会うことは、やはり心に何かをもたらす。これまで音楽に浸かっていたのが、気づいたら自分について考えていた。その自分というのは、本当にそこまで大事にしなければいけないものなのだろうか。そういった自分がそこにいた。

Ken Matsuda2016.10.22