2015.7.29

朝から仕事。どの本を手に取っても、何となく心が晴れない。迷いの中にいる。単純な法則が欲しい。挫折は物事の複雑化か?どの未来も美しく見えない。若さのある内は、若さに依拠した価値観を持つのも良いとして、若さを失えば、それに代わるものが必要になってくる。大抵の場合、それができるか、できそうに見えるが故にそれを好きになれる。自分が何であるかを見た時に、「それ」に何の価値を見出せるのか。ただの何でもないものだ。ネガティヴもポジティブもない。搾取と享受と犠牲の中で頭はぼんやりとして流れにのる。

スタジオ。新曲。どうやって活動していきたいのか。

自分の言葉に責任を持つ、と書くと何となく中身が無い気がする。言葉で人は動くから、人を動かすのなら、その結果に付き合わないといけない。そういうつもりで初めて自分事として向き合える。ただ相手に要求するだけでは、そこに信用がない。そんなことをみんながしっかりと意識して動けば、子供みたいな諍いもずっと減ると思う。喧嘩がしたいのなら、無理矢理言うことをきかせようとすればいい。そんなことに時間を使いたくないのなら言葉に責任を持って話せばいい。無責任な言葉は腹が立つ。相手を見ていない人との会話は終わった後に嫌な痼りを残す。

受け入れるというよりは意識しない。許すのではなく、存在を認めない。そうやって周りを拒絶して世界を狭めている。ちょっとした事が大事のように思える。周りから見ると大袈裟のように見える。俺は大袈裟だろうか。理解し難い?そもそも理解して貰おうとしているだろうか。そうして貰いたいとは思ってはいても、何か行動に移しているか。わかって貰わなくてもいいと思っている。何でも分かり合えるなんておかしいと思っている。それでもそれに少しは憧れながら、都合良く相手にだけそれを求める。わかって貰えない時にだけ。そんなものだと思いながら、そうでないことに怒る。

Ken Matsuda2015.7.29