2015.4.28

お腹の調子がまだ良くない。ラクダ書店で、面接のクイズの本を読む。頭の体操というか、自分の考えていない方法で問題解決ができるという可能性を嬉しく感じた。同じところをぐるぐる回るのは嫌だから、この感覚、問題を感覚で探っていく感覚を大事にしたい。何故か?それはこの感覚が自分の可能性や人の可能性に対する希望に繋がり、それが行動の動機に繋がるから。行動を起こそうとして、億劫になってしまうあの無気力、倦怠、諦め、それらは過去の経験から出ていて、新しい解答があるというその感覚が萎んでいるから起こる。気づきは全て行動に移して次の段階に達する。

夜は長めのスタジオ。魅力はリスクだな。夜がもっと長ければ良いのにと思う。

Ken Matsuda2015.4.28